Skip to Main Content
Brought To you By: American Academy of Implant Dentistry
Print this Page

全ての歯(フルアーチ)

インプラントを使用する上側または下側の歯(アーチ)の完全セットに対する従来の置換は、何回かの通院が必要となります

  • 最初の検査、歯の画像診断、歯および病歴に関する質問を含むコンサルティングと計画、および治療オプションの話し合い。
  • 置換歯を支えるために使用されるインプラントの埋め込み。インプラントが
  • 置換歯の強い基礎を形成するために自然骨と一体化する間、脱落歯を取り付ける場合があります。ほとんどの人は翌日から仕事に戻ることができます。また、不快感がある場合、概して一般に用いられている鎮痛剤で対処できます
  • 必要に応じて、置換歯の結合の補助のため、インプラントの上部に土台を埋め込むかまたはコネクターを取り付け、あるいは組み込みます。インプラントに複数の置換歯を取り付けるために必要とされる、追加の結合デバイスも、この時に埋め込むことができます。
  •  注文仕様の単独の置換歯の埋め込みあるいは、よく使われる、インプラントに支えられた固定ブリッジあるいはインプラントに支えられたオーバーデンチャー

失われた歯があったところの歯茎の上部に付ける装具である取り外し可能な総義歯は、インプラントによる復元に代わる廉価な方法です。この方法は快適な使用感がなく、食事の際十分に味わうことができず、歯肉痛を引き起こし、話をしたり、食べたり、微笑んだり、あくびをしたりまたは咳をしたりすると、ずれたり音を生じたりします。

 

欠如歯に対する自身に最適な治療オプションを見つけるためにインプラントの専門医と相談してください。

American Academy of Implant Dentistry (aaid.com) | 211 East Chicago Avenue | Suite 750 | Chicago, Illinois, 60611 | 888.929.9298 | 312.335.1550
Copyright ® 2013 American Academy of Implant Dentistry
close (X)